増えすぎもNG、増えなさすぎもNG?妊婦の体重増加は要注意!

改めて言うまでもなく、妊娠中に体重が増えるのは、当たり前です。


臨月では、胎児が約3kg、胎盤・卵膜が約0.5kg、羊水が約0.5kg、血液・脂肪などが約4kg、合わせて8kgほど増加することになります。これを大きく上回ってしまうと、産道に脂肪がつき難産になると言われています。

 

逆に、大きく下回っている状態は、赤ちゃんを産むために必要な栄養やカロリーが摂取できていない可能性が高いです。

 

産後に体重が戻らないのを不安に思ってダイエットする妊婦も増えているようですが、体重が増えなさすぎると赤ちゃんが将来病気なるリスクが上がると分かってきていますので、ダイエットは絶対ダメですよ!

 

どうして妊娠中は体重増加に注意しなければならないの?

体重計

妊娠前のBMI値を基準として、厚生労働省が定める体重の推奨増加量があるのをご存じでしょうか。

 

すべての妊婦が同じだけ体重増加してもいいかというと、そうではないのです。痩せ型(BMI18.5 未満)の人は、9~12kg、普通体形(BMI18.5 以上 25.0 未満)の人は7~12kg、肥満(BMI25.0 以上)の人は、おおよそ 5kg(要個別対応)となっています。

 

なので妊娠中は二人分食べなさい!なんて言われても、本当に食べては絶対ダメひと昔、ふた昔前であれば、どんなに体重が増えても注意されることはありませんでした。

 

しかし、現在では、推奨増加量を上回る(下回る)と産科の医師や看護師からの注意・指導の対象となるのです。最悪の場合、転院を勧められることもあります。

 

もちろん、悪阻があるときに食べることができなくて体重が一時的に減少します。その時は、仕方がないと割り切って自分の体調を優先しましょう。しかし、悪阻が終わっても体重が増えないと少しずつ注意・指導されるようになっていきます。

 

これは、妊婦のダイエットによる低体重児の割合が増えてきているためです。公益社団法人日本看護協会によると、「貧血や早産のリスクや、低出生体重児(生まれたときの体重が2,500g未満である児)のリスクが高く」なり、「こうした小さく生まれた赤ちゃんは将来、糖尿病、高血圧、心臓病といった成人病のリスクが高くなる」とし、注意を促しています(https://www.nurse.or.jp/nursing/josan/oyakudachi/kanren/sasshi/room/index04.html)。

妊婦さんは野菜を食べて、健康的に体重を増やそう

野菜

厚生労働省が策定した妊婦の食事に関する指針では、妊娠期間を3つに区分し、それぞれの期間において、1日に増やすべき推奨カロリー量を定めています。

 

妊娠初期はプラス50キロカロリー、妊娠中期はプラス250キロカロリー、妊娠後期はプラス450キロカロリーです。脂質と炭水化物を足す必要はなく、主にビタミンとミネラルでのカロリー増を推奨しています。

 

妊娠中に積極的に摂取すべき栄養素の「葉酸」といえば、「ほうれん草」を思い浮かべる人が多いでしょう。

 

そのほうれん草で換算すると、お浸し小鉢一杯で約25キロカロリー妊娠初期であれば、朝晩に一つずつ小鉢を追加するだけで、厚生労働省推奨のカロリーを野菜から摂ることができるのです。

 

ほうれん草であれば、脂質でも炭水化物でもないので、推奨通りにビタミンとミネラルでカロリーを増やすことができます。

 

ほうれん草にこだわる必要はありませんが、毎日野菜を意識的に食べるようにしてみてください。

 

一気に体重が激増するなんてことは防げるでしょう。信じられないとは思いますが、妊娠後期は空気を食べても体重が増えるのではないかと思うほど増加するんです。妊娠初期のうちから体重増加に気を配り、健康的な食生活を心掛けていきましょう。

まとめ

国の実地する国民健康栄養調査によると、成人が一日に摂るべき野菜量は350gと言われています。

 

例えば、人参1/2本50g、ピーマン一つ50g、トマト一つ150g、キャベツ1/4個100g、これだけ食べて350g相当となります。

 

今日は野菜をいっぱい食べた、と思う日ですら、推奨量に満たないものです。

 

妊娠を機に、自身の食生活を見直してみてください。いつもの食事にサラダと具沢山のスープを足せば、お腹も満たされ栄養も満点ですよ。