適度なお散歩習慣で安産を!妊婦さんに大切なお散歩の効果

妊娠初期から中期に入るまでは「できるだけ体を動かさずに安静にしていてね、無理をしないでね。」といわれていたのに、安定期に入った途端に「お散歩などの運動をしてね!」といわれて戸惑っていませんか?

 

私も妊娠中は自分の体を大切にしなければ!という思いでできるだけ動かないようにしていたのですが、体重増加を産婦人科の先生に指摘されて、お散歩の大切さを身を持って知りました・・・。

 

妊婦さんがお散歩をして赤ちゃんに負担のない運動をすることは妊婦さんにとっても赤ちゃんにとってもとても大切なことだったのです。

 

妊娠初期~中期の妊婦さんには適切なお散歩がどういうものか知って頂きたいです。また、妊娠後期の妊婦さんには今されている運動やお散歩が適切かどうかの参考にして頂ければ幸いです。

妊娠中に運動不足が続くとどんな影響があるのか

体重計

安定期から後期に入ると積極的に運動するように勧められますが、おなかが重いのに運動するのはとても大変ですよね。

 

私も安定期に入ってからお散歩などの軽い運動をするようにといわれていたのですが、おなかの重さや後期のつわりなどでなかなか運動することがでえきず、体重増加を指摘されてしまいました。

 

運動不足の何が危険なのかということを先生に教えて頂いたのですが、安定期以降に妊婦さんが運動不足になると出産のときに体力がなくなっていて分娩に時間り赤ちゃんや妊婦自身に負担がかかってしまうことがあるそうです。

 

運動をせずに食事を減らすことで体重管理をしようとすると赤ちゃんが成長するために必要な栄養が足りなくなり低体重になってしまうこともあるので、食事管理だけでなく運動でカロリーを消費する習慣をつけることも大切だと教えて頂きました。

妊婦さんがお散歩をすることの効果とは?

散歩

おなかが大きくなるのを感じてだんだんと動くのが大変だと感じ始めるのが妊娠中期の安定期の頃です。

 

しかし、この時期のお散歩は妊婦さんにとっても赤ちゃんにとってもとてもメリットがあります。

妊婦さんがお散歩をするメリット

妊婦さんがお散歩をすることで得られるメリットには以下のようなものがあります。

・お散歩をすることで下半身の筋肉や関節が鍛えられ安産になりやすい

・骨盤が鍛えられるので赤ちゃんや内臓を正しい位置で支えられる

・有酸素運動をすることで血液の循環がよくなり、むくみが軽減される

・血流がよくなるので冷えを予防できる

・つわりが終わって、食欲が戻ることによる体重増加を抑えられる

良い事尽くめですよね(笑)無理のない範囲内でのお散歩はとてもおススメです。

妊婦さんがお散歩をするときの注意点

安定期や後期に入ったとはいえ、無理をしすぎるとおなかが張って苦しくなったり赤ちゃんの負担になってしまうことがあります。

 

妊婦さんがお散歩をする場合には

① 無理をしないこと(はじめは15分程度から始めて、慣れてきたら30分程度が目安)

② 気温が高すぎたり、低すぎたりする場合には出かけないこと

③ 急な体調不良に備えて遠くまで出かけないこと

が大切です。無事に出産を迎えるためにも、無理をしすぎず、朝晩に30分程度のお散歩を習慣化するようにしましょう。

まとめ

妊婦さんがお散歩などの有酸素運動をすることはとても大切です。体重増加を抑えたり、出産時に長時間陣痛に耐える体力をつけるためにも必要不可欠です。

 

母子ともに健康に出産を終えるためにも運動の大切さを知り、適切な運動ができるように頑張っていきましょう。