つわりだけじゃない!ここが辛いよ妊婦さん

「妊婦」「辛い」ときたら、どんなことを想像しますか?

 

つわり、便秘、むくみ、貧血、肩こり、腰痛、尿漏れ、足がつる等々……。

 

書き出しら本当にキリがないぐらい、ありとあらゆることが挙げられますよね。

 

私も妊娠するまでは知識としては知っていましたし、でも一番辛いつわりさえ乗り越えたら後はそうでもないでしょと軽く見ていました。

 

……ほんと、妊婦さんなめてました。自分がいざなってみたら、思っていた以上の不調の連続!!

 

こんなにも辛いものなのか……と日々憂いては、今まで以上に妊婦さんには優しく接しようと思わされました。

 

そこで今回は私が実際に体験した辛いことのあれやこれやをご紹介させていただき、「こんなこともあるんだ……」とまずは知っていただけたらなと思います。

情緒不安定で5時間泣き続けた妊娠初期

泣く女性

まずは妊娠初期のころ。今振り返るととても全然楽な時期でした。

 

まだお腹が大きくなければ、私の場合つわりもほとんどなく、むしろ旺盛な食欲に困っていた程です。

 

ですがこの時期に経験したビックリなことは、一日中涙が止まらない日があったことです!

 

妊娠中は情緒不安定になるとは聞いていましたが、こんなにだとは思いませんでした。

 

きっかけとしては、早く帰ってくると思っていた夫が飲み会で遅く帰ってきた、ただそれだけのことなのに何故か涙が止まらないのです。

 

寂しいなとは思いますが、いつもだったらなんでもないそんなことでとても悲しくなってしまい、自分でも涙が止められず……。

 

リアルに5時間ひたすら泣き続けた自分に自分でビックリしました(^^;

 

生理のときも情緒不安定になるタイプでしたが、やっぱり妊娠はそれを超えるぐらい体にも心にも色々な変化をもたらすのですね。

妊娠報告で心が辛かった妊娠中期

一般的に色んな症状が落ち着く安定期!……ですが私はむしろこの安定期からマイナートラブルが起こり始めました。

 

頭痛に悩まされ、お腹は下しては下痢三昧。デリケートゾーンが痒くてたまらなかったり、頻尿で一日何十回とトイレに行ったり等々……。

 

ですがそんな体調のこともそうですが、個人的に辛かったのは妊娠報告です。

 

前の職場の先輩であり、今も仲良くして下さっている年上の女性がいるのですが、ずっと子宝に恵まれず、もう2年以上不妊治療を続けているという方でした。

 

私も不妊治療といかないまでも、妊活をかなり頑張っていたので、なかなか妊娠できない辛さというのは、分かっている方だと思います。

 

だからこそ私が先に妊娠したと告げるのは、それはそれは辛かったです。

 

妊娠初期はまだ何があるか分からない時期なので、安定期に入った段階で報告したら、案の定先輩はかなり落ち込んでいました……。

 

「おめでとう」とは言っていただけたのですが、「どうしたら妊娠できると思う?」とその場で相談が始まってしまい、かなり焦りました……。

 

なんとかできるだけ明るく振舞いつつ先輩を励ましてその場は収め、それからもちゃんと仲は続いているのですが、本当に辛い体験でした。

 

男の人ならなんでもない妊娠報告。

 

ですが我々女性にとっては告げる方も告げられる方も辛いことがある、と痛感した出来事でした。

怒涛のマイナートラブルラッシュな妊娠後期

大きなおなか

お腹も随分大きくなる妊娠後期は、マイナートラブルラッシュでした。まずは毎日のように足をつる!ふくらはぎだけでなく太ももまで……。

 

湯舟に浸かって体を温めたりストレッチをしたり、色々試しましたが効果がなく……。

 

また、私はトコちゃんベルトという骨盤ベルトを妊娠初期からしており、そのおかげで腰痛はひどくなかったのですが、お尻の痛みが出始め……。

 

お尻というより恥骨が痛んでいたんだと思いますが、あるときなんてスーパーのレジ待ちの行列中、3~4分立っているだけで猛烈に痛みが襲ってきたときはほとほと困りました……。

 

その場でしゃがみ込みたい! でも妊婦の私がここでしゃがみ込んだら絶対周りのお客様方に心配させてしまう!……そういった思いでいっぱいでしたね。

 

その上少し重い荷物を持って歩くだけで動悸がするので、スーパーの買い出しすら満足にできないのか……と本当に驚愕しました。

 

実際問題、お腹が大きくなってくると色んなことが変わります。

 

お腹の中に風船が入ってるのかと思うぐらい大きくなるのですから当然かもしれませんが、この時期までくると、座っていても、立っていても、横になっていてもどこかが痛かったり、気持ち悪くて……。

 

妊娠9ヶ月に入るころには「早く産みたい~」なんて思っちゃっていましたね(笑)

まとめ:耐え忍ぶことしかできないのが一番辛い!

ここまで妊娠初期、中期、後期に分けて私自身が体験した辛いことを綴ってきましたが、何より私が辛かったことは、その辛い症状に対する原因や対処法がほとんどなかったことです。

 

例えば〝妊娠中 頭痛 原因〝、〝妊娠中 痒み 原因〝等とインターネットで調べてみても、出てくる回答の8割が『妊娠によるホルモンバランスの変化』です。

 

あまりにも毎回そうなので、〝ホルモンバランス〝というワードが出てくると、その段階で諦めてページを閉じるようになってしまったほどです(笑)

 

また、対処方法も『安静にしましょう』『体を冷やさないようにしましょう』『適度に体を動かしましょう』といったことばかりでまったく役に立たず……。

 

『出産を終えたら症状も楽になりますので安心して下さい』という記述も、つまり今はその症状を耐え忍ぶしかありませんよ、と言われているようで、私はそれが一番辛かったですね。

 

ですが実際問題、同じ症状を抱える妊婦さんだとしてもどうやったらマシになった、治ったかというのは千差万別なのが事実です。

 

だからこそ難しくて辛いのですが、「この症状を抱えているのは私だけじゃないんだ!」と知るだけでも少しは楽になりませんか?

 

ですので辛いときは色んな妊婦さんの体験談に少し目を通してみるのを、私はオススメします。