妊婦の肩こりの原因は?薬に頼らない解消法を紹介!

妊娠をきっかけに肩こりを自覚する方もいれば、元々の肩こりが妊娠をきっかけに悪化する方もいます。

私も妊娠前から症状がありましたが、妊娠をきっかけに悪化してしまい担当医に相談したことがあります。

妊娠中は食べ物や薬などの制限があり、運動も思うようにできないとなると困ってしまう場合も多いですよね。

 

そこでここでは、妊婦と肩こりの関係を詳しくまとめながら、肩こりに悩む妊婦さんに是非試して貰いたい、薬に頼らない肩こり解消法もいくつか紹介したいと思います。

妊婦は肩がこりやすい?その原因とメカニズムについて

落ち込み2

肩こりは、肩周囲の筋肉の緊張や血行不良などが原因と言われています。

 

妊娠中に限らず肩こりは起こるものですが、妊娠中に肩こりを発症する理由としては、妊娠によるホルモンバランスの変化で、自律神経が乱れる事が原因として考えられます。

 

自律神経は血流をコントロールしている神経のため、乱れてしまうと血行不良を招く事に繋がってしまいます。

 

また、妊娠中はどうしても運動不足になりがちですが、運動不足も血行不良を招く原因ですし、大きなお腹を支えるために姿勢が悪くなる事も血行不良に繋がります。

 

知らず知らずのうちに肩こり症状が出現する事もありますので、頭痛などの随伴症状を伴う前にできる対策をしておく事をオススメします。

 

では、妊娠中に肩こりになってしまった場合でも、すぐにできる対処法を解説します。

妊娠中の肩こり…すぐにできる対処法は?

肩こりは肩の痛みだけでなく、頭痛などの随伴症状を引き起こす可能性もあり、本当に辛いですよね。

 

特に妊娠中の肩こりは自己判断で薬を飲む訳にもいかず、我慢するしかないと思っていませんか?

 

少しでも肩こりの症状を和らげたくても、対処法がわからないという方のために、薬に頼らずに今すぐにできる肩こりの対処法をいくつか紹介します。

循環改善、血流促進

レモンドリンク

温かい飲み物を飲んで全身を温める方法もありますし、温かいタオルやカイロなどを直接肩に当てて循環を良くする方法もあります。血行が良くなると、肩こりの症状も落ち着きます。

ストレッチ

妊娠中は腹部に負担がかからないようにする必要がありますが、首や肩を動かす程度であれば問題ありませんので、毎日数回に分けて動かす習慣を付けると肩こりも悪化せずに済むのではないでしょうか。


私が妊娠中肩こりが悪化した際に参考にした動画です。効果的なので参考にして下さい。

マッサージ

マッサージ器を持っている方はそれを使う方法もありますが、プロに施術して貰う方法もあります。基本的に肩のみの施術は、腹部を圧迫・刺激する訳ではないので大丈夫な場合が多いですが、妊婦お断りの場合もありますので、事前の問い合わせが必要です。

 

また、妊娠経過によっては担当医に止められる場合もあるので、施術を受ける前に受けてもいいのかを確認する方が良いでしょう。

湿布を貼る

湿布は飲む訳じゃないから大丈夫だろうと、自己判断で使用している妊婦は少なくありません。ですが、湿布は薬効成分が皮膚を通して体内に吸収されるため、妊娠中に使用できないものもあります。

 

どうしても湿布を使用したい場合は市販のものなどを購入せずに、胎児への影響がない事がわかっていて、妊娠中でも使用可能な湿布を事前に担当医に処方して貰うようにしましょう。

まとめ

妊娠中は些細な事でも心配になりますよね。極力薬に頼らずに症状を改善できるよう、自分に合った方法を見つける事が大切です。

 

どうしても肩こり症状が改善せず辛い場合は、産婦人科はもちろん、整形外科に相談する方法もあります。

 

整形外科を受診する場合は、あなたの妊娠経過を知っている産婦人科に受診の件を相談してから受診した方が安心ですね♪