妊娠中の肌荒れに要注意!原因はホルモンバランスの乱れ?

女性らしさを保つエストロゲン(卵胞ホルモン)が優位に分泌されているときは、肌荒れもなく、髪や爪も良好な状態です。

 

しかし妊娠すると、妊娠に関わるプロゲステン(黄体ホルモン)の分泌量が多くなるため、エストロゲンとプロゲステンのバランスが逆転します。

 

プロゲステンは、色素細胞を活性化させて、メラニンを作り出します。そして、皮脂分泌を活発にし、消化器官をにぶらせ、便秘しやすい状態にしてしまいます。

 

つまり、メラニンが増えてしみ・そばかすが現れ、皮脂の大量分泌でニキビができ、便秘になることでむくみ、老廃物が溜まっているのでさらに肌荒れを引き起こすわけです。

なぜホルモンバランスは崩れるのか

肌荒れ

多くの女性は、妊娠するまで月に一度の月経と長らく付き合ってきたことでしょう。月経を迎えると古い血液は流され、きたる赤ちゃんのために新しい子宮内膜のベッドが作られます。約2週間後の排卵までエストロゲン(卵胞ホルモン)というホルモンが多く分泌されます。

 

排卵後、エストロゲンとともにプロゲステン(黄体ホルモン)が分泌されます。排出された卵子と精子が出合い受精卵となり、着床に成功すると、二つのホルモンは、妊娠を継続できる状態を保つ働きをもちます。

 

特にプロゲステンは体温を高く保ち、高温期と呼ばれる期間をつくります。しかし、受精・着床がなければ、2つのホルモンの分泌量はガクンと減少し、体温も下がり、次の月経が促されることになります。

 

このように2つのホルモンの分泌量が増えたり減ったりする一か月を、何年も何年も経験してきた女性にとって、「妊娠する」ということは、この「ホルモンのサイクルが完全に崩壊する」ということなのです。

 

妊娠を継続させるためには必要で、とても重要なホルモンバランスの変化ですが、甘んじて受け入れると肌荒れが引き起こされます。保湿を心掛け、便秘にならないように体を動かすようにしたいものです。ウォーキングなどで汗をかけば、老廃物も外に出しやすくなり、少し肌荒れが改善されますよ。

汗疹になりやすい人やアトピー持ちの人は、要注意!

ヨガ

実は、体温が上がって汗疹ができやすくなり、ホルモンバランスが崩れると、落ち着いていたアトピーが再発しやすくなります。

 

かくいう私も、アトピー再発を経験しました。それも、皮膚の薄いところと、肘や膝の裏側と、鼠径部に発症。

 

かゆくてかゆくて薬を塗りたいけれど、ステロイドは妊婦には使えないので、保湿剤しか処方して貰えませんでした

 

寝ているときなど無意識に掻いてしまったところはメラニンのせいもあり色素沈着で黒ずんでしまい、目も当てられない状態に・・・。

 

さらに夏場だったため、蒸れて汗疹も併発。本当に悲惨な状態でした。肌が弱い人はいつも以上に気を付けて管理してくださいね。

まとめ

妊娠すると、多感的になる人が多いと言います。少しのことでも気になり、普段気にしないことでも癇に障り、ストレスを感じやすいのです。そうしてストレスは不眠を引き起こし、それも肌荒れの原因となります。

 

妊娠中は、なるべく心穏やかに過ごせるように意識し、ストレスとは距離を置くようしたいですね。

 

それが無理だという人は、ウォーキングやマタニティヨガなど軽い運動を取り入れ、ストレスを発散できるように調整しましょう。消化に良いものを積極的に食べるようにし、快適な妊娠ライフを楽しんでください。