妊婦でも飲める痛み止めはあるの?赤ちゃんへの影響は?

妊娠中は予期せぬ体調の変化が訪れます。今まで経験した事のない症状を自覚すると、心配や不安が増える事にも繋がりますよね。

 

特に痛みについてはつらい痛みの場合が多いです。症状に対して有効な薬があったとしても、妊娠前と妊娠中では飲める薬に違いがあります。

 

そこでここでは、妊娠中に内服を控えなければならない薬があるのはなぜか?という疑問に答えながら、妊婦でも飲める痛み止めについて詳しく解説し、薬を飲む際の注意点についてもまとめていきます。

 

妊娠中に飲めない薬があるのはどうして?

妊婦と女の子

妊娠中は胎児への影響を考え、自己判断での薬の服用はしないように指導されます。

 

その理由は、内服した薬の成分が直接胎児へ移行してしまう可能性があるからです。胎児は全ての機能が未熟なため、成人と同じように体内で薬を分解する能力が当然未発達です。

 

そのため、妊娠中に薬を飲んでしまうと胎児の成長の妨げになったり、障害を引き起こすリスクが高まる事がわかっています。

 

では、全く薬を飲んだらダメなのかと言うと決してそうではありません。薬に頼りたい時や頼らざるを得ない時もありますよね。

 

妊娠中の薬の内服については【担当医の指示の下、決められた用法・用量を守って内服する】なら、まず問題ないとされています。

 

妊娠中に内服できる薬は、妊娠していない時に飲める薬と比べると比較的効き目が穏やかな薬が多い傾向にあります。効果が得られないからと言って自己判断で量を調整したりする事は絶対に止めましょう。

 

妊娠中でも風邪などで熱が出たり、頭痛や肩こり、歯痛などで鎮痛剤が必要になる事はよくあります。

 

私も妊娠前から鎮痛剤が手放せませんでしたが、妊娠中は極力薬に頼らないようにしていました。

 

その事を産婦人科受診の際に担当医に伝えると「我慢して症状を悪化させるよりも、妊婦でも飲める薬を飲んで症状を軽快させた方が胎児へのストレスも少なくて済むよ」と言われ、痛み止めを処方して貰いました。

 

妊娠中に内服できる薬は症状に合わせてたくさんありますが、次は妊娠中に私が実際に処方された痛み止めについて詳しく紹介しますね。

妊娠中に処方される事の多い痛み止めは?

薬

妊娠中に処方される事が多い薬は【カロナール(ジェネリック名:アセトアミノフェン)】です。子供や高齢者でも飲める比較的安全な鎮痛剤として有名ですよね。

 

用量は担当医の指示に従う必要がありますが、胎児への影響が少ない薬なので、痛み止めが必要な時にあると助かる薬と言えます。

 

私の場合は、産婦人科で妊娠初期すぐにカロナールを処方して貰いましたが、妊娠5ヶ月の時に腱鞘炎になり整形外科を受診した事がありました。

 

その時、整形外科の医師に妊娠中でカロナールを内服している事を伝えると、一時的に症状を抑えるためにロキソニンが頓用として処方されました。

 

カロナール以外の鎮痛剤の内服はダメなものだと思っていたので、整形外科では妊娠中でも頓用なら問題ないと言われたロキソニンを内服する前に、かかりつけの産婦人科に確認しました。

 

すると、産婦人科では私の場合「妊娠経過も問題なく、日常生活にも支障をきたしているほどの痛みなら頓用での内服可」との事でした。

 

診療科が異なれば、医師の見解も異なるのは当然の事です。少しでも不安に思う事があれば直接確認するに越した事はないですね♪

妊婦が薬を飲む際の注意点

お腹をさする

妊娠中は鎮痛剤だけでなく、妊娠経過によっては鉄剤や漢方などが処方される事もあります。どの薬を内服するにしても注意が必要なので以下にまとめておきます。

薬を服用する際の注意点!

・たとえ担当医の指示で薬を服用していても、体調の変化に気が付いた時はすぐに服用を中止してかかりつけの病院へ報告、相談する

・絶対に自己判断で内服する事は避ける

・飲み合わせに注意が必要な場合もあるので、医師や薬剤師に事前に確認する

・内服だけでなく軟膏や湿布剤も注意が必要です

・元々内服している薬がある場合は、妊娠中でも内服できるか妊娠がわかった時点で医師に確認する

まとめ

妊娠中はお腹の子の安全が第一ですよね。薬を飲まない事に越した事はありませんが、我慢をして症状が悪化してしまっては元も子もありません。

 

少しでも不安な事があればすぐに担当医に相談するのはもちろん、正しい用法・用量で痛み止めも有効活用できると良いですね。