絶対防ぎたい妊娠線!妊婦さんにオススメアイテム3選!

妊娠線。一度できてしまうと一生消えないとも言われているので、皆さんできることなら「防ぎたい!」と思うものですよね。

 

最近では予防クリームやオイルもたくさん出ていることもあり、ケアしている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

 

今回はまだ妊娠線ケアを始めていない妊婦さん向けに、

 

・そもそも妊娠線はどうしてできてしまうのか

・いつからケアを始めたから良いのか

・オススメのアイテムはどれか

 

をご紹介したいと思います!

 

妊娠線の正体&できてしまう原因

妊婦と女の子

そもそも妊娠線の正体とは、いわゆる「肉割れ」です。お腹にできることが一番多いですが、バストや太もも、お尻、二の腕にもできるもので、最初は赤紫色の筋として出ます。

 

肌の表面は伸びやすいのですが、その下にある真皮などの皮下組織は伸びにくいため、肌が引っ張られてることで亀裂ができてしまうんですね。

 

産後には少しずつ白っぽくなり、だいたい1年ほどで目立ちにくくなることが多いですが、やっぱり白い筋やしわとして一生残ってしまいます。

 

人前であんまりお腹を出すことはないですし、生理現象の一つなのでしょうがないのですが、プールや温泉に行く機会にはどうしても気になるので、絶対防ぎたいですよね。

 

妊娠線予防を始めるベストな時期は?

では一体いつからケアを始めたら良いのでしょう?また、一番気をつけなければいけない時期はいつなのでしょうか?

 

妊娠線予防には何よりもやっぱり保湿が大事で、先述した通りクリームやオイルを塗って行うのがオススメです。

 

そしてそれを開始すべき時期はずばり、妊娠5ヶ月(16週~)のころです。

 

5ヶ月と言うと、「ちょっとお腹がふっくらし始めたかな?」という時期で、妊娠線ができ始める時期よりだいぶ前です。

 

ですがクリームやオイルを塗り始めてすぐ肌環境が整う訳ではないですよね。

 

毎日しっかり塗り込むことで、保湿の行き届いた妊娠線ができにくい肌を作るためにも、お腹が本格的に大きくなりはじめることからケアもスタートすることが大事なんです!

 

そして妊娠線予防に一番気をつけてほしい時期は、妊娠後期、特に臨月です!!

 

妊娠中期ごろから徐々にできてしまう人が増えていくのですが、臨月ごろはそれまでよりもお腹が大きくなるスピードが格段に早いので、更にできやすくなってしまうんです。

 

ですのでそれまでは一日1~2回しか塗っていなかったという人も、臨月間際になってきたら2~4回に塗る回数を増やす等、いつも以上に注意して下さいね。

妊娠線予防・オススメアイテム3選!

ではそんな妊娠線予防はどのアイテムがオススメなのでしょうか?

色んなメーカーからたくさん出ていますが、今回はその中から厳選して3アイテム紹介したいと思います!

①ピジョン 保湿ボディケアクリーム (ポンプタイプ) 妊娠線ケアクリーム 無香料 470g

 

まずオススメしたいのは実際私が使用した、こちらのピジョンのクリームです!私がこちらを選んだ理由は主に以下の3つのポイントからでした。

・1日1回塗るだけで24時間保湿してくれる

・ポンプタイプで出しやすく、伸びも良いテクスチャー

・大容量なコストパフォーマンスの良さ

妊娠線予防は妊娠5ヶ月から毎日続けていかなければいけないものですし、お風呂上りは髪を乾かしたり化粧水を付けたり、やらなければいけないことが多いので、できるだけ簡単にスムーズなものを選びたいなと思いました。

 

そこで私は有名なピジョンが出しているということもあってこちらのまずはチューブタイプ(120g)を購入。

 

しっかり試した上で実際使いやすかったので、その後は大容量のポンプタイプに切り替えて、更にケアが楽になりました!

 

amazonからなら定価よりかなりお安く購入できましたし、チューブ+大容量ボトルで妊娠生活乗り切れたのも嬉しかったです。

 

もし余ったとしても赤ちゃんにも使えるという点も良かったです

 

② ニベアクリーム大缶 169g


妊娠線予防専用のアイテムは高くてどうしても手が出ない……そんな方にオススメなのは皆さんご存知のニベアの青缶です!

 

何十年と愛されてきたベストセラー商品ですし、どこのドラッグストアでも販売しているので気軽に購入しやすいですよね。

 

たくさんの人が使ってきたからこそ「効いた!」「効かなかった…」どちらの口コミの数も多い商品ではあります。

 

ですがニベア缶の魅力はなんと言っても安いのでたっぷり使えること!お腹に、バストに、二の腕に……色んなところをケアしたい人にオススメです。

 

クリームのテクスチャーとしては固めなので、化粧水などで割って使われるとちょうど良いと思いますよ。

 

③ ノコア アフターボディ トリートメントクリーム


最後にオススメするのはノコアのクリーム!こちらの魅力はなんといっても〝妊娠線ができてしまった後にも使える〝というところ。

 

もちろん妊娠線ができる前に予防として使うのも効果大ですが、実際問題できてしまった人はこれ以上酷くしたくないでしょうし、できれば消したいですよね。

 

妊娠線予防クリームはたくさん販売されていますが、できてしまった妊娠線への対策クリームはノコアだけです。

 

少々お値段は張ってしまいますが、妊娠中の憂いはできるだけ減らしたいですもんね。

 

ちなみに顔のシミなどにも効くということなので、色素沈着が起こりやすい妊婦さんには本当にありがたいクリームですね

まとめ:妊娠線ができてしまっても落ち込みすぎないで

妊娠線ができてしまうと悲しくなりますが、実際できてしまう妊婦さんもとても多いものです。

 

あんまり落ち込み過ぎないようにして下さいね。

 

そしてまだできていない人は「自分は大丈夫!」と過信せずに、特に臨月期には気をつけて入念なケアを行いましょう。