妊娠中の頭痛対策!まずは原因を見極めることが重要

簡単に薬の飲めない妊娠中の頭痛、とても厄介ですね。痛みの度合、継続時間によっては日常に支障をきたすこともあるのですぐにでもどうにかしたいものです。

頭痛の原因は目の酷使、風邪、無理な姿勢、ストレス、気圧の変化…様々です。原因を分析して、なるべく薬に頼らない方法を選択したいですよね。


私も片頭痛持ちなので妊娠中は苦労した経験があります。まずは妊娠中の頭痛の種類について解説すると共に、薬に頼らない対処法、薬を飲む場合の注意点についてまとめました。


妊娠中のつらい頭痛に悩んでいる妊婦さんはぜひ参考にしてみて下さい。

 

妊娠中の頭痛、痛みの種類を知ろう

頭痛

頭痛には「緊張型頭痛」「片頭痛」があることは、昨今では有名になってきました。

 

緊張型頭痛は無理な姿勢やその名の通りの緊張などのストレスが原因。重く締め付けられるような痛みが特徴的です。

 

片頭痛はストレスや寝不足または寝過ぎなどが原因で、動くと痛みが出たりします。ズキンズキンと、脈打つような痛み方をします。

 

原因がわかれば、対策もしやすいですね。まずは思い当たる原因を取り除いてみてください。

妊娠中の頭痛対策、まずは薬に頼らずやってみよう

ツボ押し

特別な道具も要らないツボ押しはその場でスグに取り掛かれてオススメです。ツボ押しもやはり「緊張型頭痛」なのか「片頭痛」なのかで押す場所が変わります。

 

ツボの場所については以下を参考にしてください。

頭痛を和らげるツボ  エスエス製薬<EVE>ホームページ

 

ツボ押しやマッサージについては、食事や入浴の前後は避けましょう!

治まらない頭痛それでも辛いとき飲める薬は?

妊娠中期くらいまでは、比較的飲める薬は多いようです。特にアセトアミノフェンという成分は安心のようなので、成分を確認しましょう。

ある頭痛薬の添付文書を見てみたところ、妊娠予定日12週以内の妊婦は飲めない旨の文が書いてあります。


予定日は、あくまで予定。今日にも明日にも陣痛が来たり破水するかもしれませんから、後期にどうしても我慢できない頭痛が合った場合は早めに病院にかかりましょう。

妊娠中の頭痛に漢方薬は安全?

漢方薬

漢方薬なら大丈夫とざっくりとした表記をしているサイトなどを見掛けますし、病院でも妊婦だから漢方と安易に処方されることがありますが(著者も経験アリ)

漢方薬にも色々。妊娠中はNGの漢方(生薬)だってあるんですよ。

 

例えば、とっても身近な葛根湯。葛根湯には色々と入っていてその中にある麻黄(まおう)という生薬は妊婦には良くない生薬とされていますが、これを知らずに処方するお医者さんも結構いるようです。

病院の薬と漢方薬は、大学でも学科が違うので知らなくても当然なのです。

まとめ

妊娠中は体調の変化が激しく、辛い症状も多いので痛みに苦しんでいる余裕はありませんが、お腹の赤ちゃんのことを思うとやっぱり薬には慎重にならないといけません。

しかし毎日飲むわけでもないですし、安心できる成分を、飲んでも大丈夫な時期の本当に辛いときだけ飲む分には、痛みのストレスも軽減されるので良い事の方が多いでしょう。

くれぐれも、無理はなさらずに過ごしてくださいね。