運転免許の更新に行けない!そんなとき妊婦さんはどうしたら?!

自動車免許を持っている妊婦の皆さん! あなたの次の更新日はいつですか?

 

免許は身分証代わりに財布に入っていることが多いと思いますが、次の更新日がいつだったかなんて覚えていない人も多いと思います。

 

実際、通知がきてから「そういえば更新しなきゃ!」と思うことも多い筈。

 

ですがそれが妊婦さんの場合ならどうでしょう?

 

更新の期限が出産予定日付近だったり、通知がきた段階で既に早産ぎみで、病院から安静するようにと指示を受けていたら?

 

そんな色んな事情で免許センターまで更新に行けない妊婦さんはどうしたら良いのでしょうか?

 

結論から言ってしまいますと、実は更新期間前に更新手続きが行える制度や、失効してしまったとしても通常よりスムーズに手続きが行える制度が用意されているんです

 

今回はその2つの制度について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

更新期間前に免許を更新できる制度について

運転中

そもそも免許更新の手続きは原則、「有効期間満了年の誕生日の1ヶ月前から誕生日の1ヶ月後までの間」の、つまり2ヶ月間に行わなければなりませんよね。

 

ですがやむを得ない理由があってその2ヶ月間に更新手続きができない人は、更新期間前に手続きを行うことができるんです!

 

ただしそうした場合、更新日から直近の誕生日までを1年として計算するので、更新後の運転免許の有効期限がどうしても短くなってしまうんですけどね(^^;

 

ですが先にも述べた通り、更新期間がまさに出産予定日だったり、安静にしていなきゃいけない時期であれば、その前に更新できる方が絶対安心ですよね。

 

そしてその『やむを得ない場合』というのが海外渡航(旅行・出張等)、ケガ・病気による入院中、そして妊娠中という訳なんです。

 

手続きをする場所は通常の更新手続きと同じで免許センターで大丈夫です。

 

ただ、妊娠中であることを証明するために母子手帳を持っていくのを忘れないで下さいね。

 

その他の必要なものや手数料もまったく通常時と変わらないので、安心して受けに行って下さい。

妊娠・出産により免許が失効してしまった場合の手続き

とは言え、いつ何が起こるか分からないのが妊婦さんの体です。

 

ちゃんと更新に行こうと思っていたのに早産になってしまって行けなくなってしまい、更新期間が過ぎて免許が失効してしまうこともありえます。

 

ですがそんなときの救済措置として、失効手続きがあります。

 

失効後6ヶ月以内で、やむを得ない理由で更新手続きができなかった場合、それを証明できる書類を提出すると所定の講習と適正試験のみで手続きが行えるんですよ。

 

学科と技能試験が免除されるんですから、とっても助かる制度ですよね。

 

また、ちゃんと以前の運転経歴も引き継ぐことができるので、ゴールド免許の人も安心して下さい。

まとめ:運転免許の更新日は忘れずチェックしましょう

実は色々救済措置があることが分かって、安心していただけたんじゃないかな?と思います。

 

だからと言って計画的に更新手続きは行いたいものですよね。

 

これを機会にぜひ皆さん、ご自身の運転免許の更新日を一度チェックしてみて下さいね!