妊婦は湿布が使えない!?妊娠中の湿布

妊娠中に飲めない薬があるのは知っていても、湿布は使っても問題ないと思っていませんか?

 

湿布は直接体内に薬が入る訳ではありませんが、自己判断で使用する場合はリスクもあるのでいくつか注意が必要です。

 

私の経験では、妊娠中は安心して使う事ができる湿布とそうでない湿布がある事がわかりました。自己判断では使用せず担当医に確認してから使うべきと言えます。

 

そこでここでは、妊娠中に湿布は使えるのか、万が一使う場合の注意点などについて詳しくまとめていきますね。

 

湿布の効果・効能について

マタニティ服

湿布を使った事がある方ならわかると思いますが、湿布は身体(皮膚)に貼るだけで痛みを抑えてくれますよね。限局的な痛みに効果があり、妊娠中に起こりやすい肩こりや腰痛の時に使いたくなる妊婦さんは多いはずです。

 

<湿布の種類>

温湿布

肩こりや腰痛など局所が冷たい時や慢性的な痛みに効果があります。カプサイシンが含まれているため温かく感じますが、カイロのように温める効果はほとんどありません。

 

冷湿布

外傷などにより患部が熱を持っている場合や、急激な炎症を起こしている時に使います。

冷やす=冷湿布と思っている方もいますがそれは間違いで、冷湿布に冷やす作用はありません。冷湿布に含まれるハッカなどの成分が冷たいと感じさせています。

 

経皮消炎鎮痛薬(テープ剤)

痛みが強い時などに使う湿布で、温湿布や冷湿布よりも薄くはがれにくいのが特徴です。光線過敏症やかぶれなどの副作用も多いので使用には注意が必要と言えます。

 

湿布薬は身体に貼って使うため、貼った部分にしか効果がないと思っている方もいますよね。

 

ですがそれは間違いで、皮膚を介して薬剤が吸収され全身に作用します。妊娠していなくても副作用に注意する必要がありますが、自己判断で妊娠中に湿布を使う事は控えるようにするべきと言えるでしょう。

妊娠中は湿布NG?妊娠中でも使える湿布はある?

湿布の種類や作用について知ってしまうと「妊娠中は薬も湿布もダメなの?」と疑問に思いますよね。

 

安心して下さい。湿布と言っても種類はたくさんあり、妊娠中でも使える湿布も少なからずあります。

 

市販されているもので妊婦でも使える湿布もありますが、妊娠中は定期的に病院を受診する機会があると思うので、担当医に湿布を使いたい事を伝えて処方して貰うのが1番安心で手っ取り早いと思います。

 

参考までに肩こり&腰痛持ちの私が妊娠中に処方された湿布を紹介しておきますね。

アドフィードパップ40㎎(大きいサイズの80㎎もあり)

妊娠中の使用でも禁忌になっていないので、妊娠期間から授乳中まで使える湿布です。白い冷湿布タイプでテープ剤よりは効果が弱いものの、貼らないよりは鎮痛効果があったと思います。

 

他にも妊娠中に使える湿布としてパップスターIDやラクパスSなどがありますが、どの湿布が処方されるかは担当医の判断となります。希望がある場合は診察の際に伝えるようにしましょう。

妊婦が湿布を使う場合の注意点について

妊娠中でも使える湿布についてまとめてきましたが、使用の際は注意点を念頭に置いて使うようにしましょう。

 

・長時間貼り続けない

炎症を起こしたり、かぶれるなどの皮膚トラブルの原因になり兼ねません。張りかえる場合は部位を少しずらしたり、数時間間隔を空けるなど皮膚を休ませてあげながら使用しましょう。

 

・胎児への影響

担当医に処方して貰う湿布はまず安心かと思いますが、元々持っていた湿布を知らずに使ってしまった場合、胎児への影響が気になりますよね。

 

経皮消炎鎮痛剤(テープ剤)は、胎児への催奇形性の指摘はありませんが、妊娠後期に使用すると胎児動脈管の早期閉鎖を促す事があると添付文書には書かれています

 

短時間の使用は問題ないとする医師もいますが、使用する場合は担当医に確認するようにしましょう。

 

まとめ

どんな薬にも副作用はあるものです。どの湿布を処方するかの原則は痛みや症状の程度に応じて安全性の高いものから医師が選択して処方します。

 

安全性が高いものでも相性が合わないケースもありますので、医師と相談しながら決めるのが1番と言えますね。