妊婦が風邪を引いたら病院はどうする?薬は飲める?

妊娠中にもし風邪を引いてしまったら、どうすればいいと思いますか?

 

妊婦さんは薬を安易に飲んではいけないというのが一般的ですね。だから体調を崩した時は本当に困るのです。

 

私も妊娠中に酷い風邪を引いて大変な思いをした経験があります。内科にかかってみたりもしましたが、最終的に一番頼りになったのは妊婦健診に通っている産婦人科でした。

 

今回は、なぜ私が風邪でも産婦人科が一番と感じたのか、そしてその時に処方してもらった薬についてもお話します。

妊婦の風邪は何科に行くべき?

体温計

妊婦さんが風邪で病院にかかる時、一番おすすめなのは産婦人科です。中でも妊婦健診で通っている産婦人科がベストでしょう。

 

産婦人科の先生は妊娠中の経過をずっと診ていて、妊婦さんの状態をよくわかっています。そして、妊娠中でも安心して飲める薬に関しても豊富な知識と経験があります。

 

私も二人目を妊娠中に上の子から酷い風邪をもらってしまい、病院をはしごした経験があります。

 

咳が酷かったのではじめは呼吸器内科にかかったのですが、薬を処方する際に「通っている産婦人科に確認してから飲んで下さい」と言われました。

 

妊娠中だとあまり強い薬を処方してもらえないのは、どこの科にかかっても同じです。

 

そのうえ、飲んでもいい薬かを電話で確認をしなければならず、産婦人科以外にかかると結局二度手間になっただけでした。

葛根湯は妊娠中でも安心して飲める

妊娠中の私が風邪を引いたとき、産婦人科でまず処方されたのは葛根湯という漢方薬でした。

 

葛根湯は胎児への影響が少ないとされ、妊娠中でも飲める風邪薬の定番です。体を温める効果があるので、妊娠中以外でも風邪の引き始めに飲むとよく効くなあと個人的には感じています。

 

ただ、効き目が優しいとはいってもやはり薬ではあるので、用法や容量は必ず守って下さいね。

風邪薬は産婦人科で処方されたものを飲む

チェック

妊婦が薬を飲んだ場合、胎児にどのような影響が出るのかは未知な部分が多いといわれています。妊婦さんで人体実験をするわけにはいかないので、十分なデータがないのだそうです。

 

絶対に大丈夫とは言い切れない以上、安易に市販薬や妊娠前に処方された薬を飲むのは避けましょう

 

とはいえ、妊娠中に飲める薬が全然ないわけではありません。私のかかりつけの産婦人科では、葛根湯のほかに咳止めも処方してもらえました。

 

その人の症状に応じて安心して使える薬を出してくれると思いますので、体が辛いときは信頼できる産婦人科でぜひ相談してみて下さいね。

まとめ

私は自分の妊娠中の経験から、妊婦のことは産婦人科に任せるのが一番だと感じました。

 

もし他の専門科に行った方が良いと判断されればその時は紹介してもらえるので、まずは産婦人科に相談してみることをおすすめします。

 

辛い時や不安な時は我慢せず、妊婦さんのことも赤ちゃんのこともよくわかっている産婦人科を上手く頼りましょう。